ボゴタ

ボゴタ でシーフード!

順不同でレストランご案内!ゆみずがボゴタで食べた料理でココは最高!っていうところを抜粋しました。参考にして下さい。

現地では高級レストラン!でもお手頃値段で食べられる!嬉しすぎる❤️

Yumizu

ハワイ在住ゆみずです。

米国税理士 • 不動産取引士 • 公証などの仕事を適度にこなしながら、旅と動物をこよなく愛す生活。

「そのレストランに行きたい/そのホテルに泊まりたい」から行くゆみずの旅。

毎年何ヵ国か旅行に行くので、その体験から個人手配で気ままに行く旅行についてブログ書いています。

アメリカ在住者向けの情報も発信中。

❇️コロンビア ボゴタ旅行を検討中もしくは行く予定がある人向けの記事です。

広告

まずは ボゴタ ってどこ?

南米のひとつ

ボゴタ は南米「コロンビア」の首都

南米では上の方にあり、カリブ海に近くて昼間の気温はいつも20℃くらいで、一年中ずっと同じような気温だそうです。ゆみずが行ったのは12月でしたが、とても快適でした。

そういえば、 ゆみず はどうして コロンビア に行くの?って聞かれました。

えーっと….

南米料理好きだし、せっかく アメリカ にいるんだから近め(?)の南米の国は行けるとこは一つずつ制覇しよう、と試みての予約でした。

コロンビア のイメージって、

  • ドラッグ
  • 犯罪

っていうけど、

危険なとこに行かなきゃ大丈夫よ

って思ってました。

広告

実際そうなのかもしれないし、そうでないかもしれない。

っていうのは….

ゆみず は グローバルエントリー を持っています。

政府による事前承認済の危険性が低い旅行者

のようなカテゴリーに入っています。

うん、いいこと。

この グローバルエントリー を承認してもらうには、過去の犯罪歴がチェックされ、何か問題があったら面接で問われ合否が決まります。

そこで、

どうして今度 コロンビア に行くの?
この前は ペルー に何しに行ったの?

って面接官に聞かれたの!

へ…?

面接は秋だったのですが、

その同年9月のペルー旅行後にグローバルエントリーを申し込む際に過去5年間の渡航先を記入しないといけないので素直にペルーに行ったことは書いておいたのですが、未来の12月の コロンビア旅行 はその時はまだ予約していませんでしたのでコロンビアのことはどこにも記入していませんでした。

で、グローバルエントリーを申し込んだ後にコロンビア行きチケットを買ったのに面接官はそのことを知っていました。

全てバレてる、ってこと。

もちろん、

ただの観光だけど?

って言いましたが、数か月の間に続けて

ドラッグ が盛んな

とこに行くってのは、何かひっかかるものがあるんですよね、きっと。

ちゃんと合格したよ!
うん。

だから、その面接があったから、

「やっぱり コロンビア やばいんじゃない?」

ってなって、用心して行こう、って思ったのがよかったのだと思います。

グローバルエントリー についての補足はこちら

ゆみず の旦那さんは、10代の頃に夜中、友達と公園でバスケをしていたら警察に補導されたらしいの。面接ではそれを聞かれた、って。何十年も前のことでもバレてる。でも、 グローバルエントリー は通ったよ。

知り合いの男性で、結果的には「犯罪者」にはならなかったけど「未成年者誘拐容疑」のようなことが過去にあって、 グローバルエントリー 落ちた!

どの犯罪までなら大丈夫っていうのは言えないかも。

でも、やっぱり誘拐はダメよね…。

アメリカ では、 ソーシャル セキュリティ ナンバー によって全て管理されているから政府は何でも知っています。

話は戻りますが、

そういうわけで、用心して行った コロンビア でした。

広告

そしたら!

拍子抜けするくらい安全で、

Uber

も使えて激安だし、

ご飯もおいしかったですよ!!

それでも、もし行くなら気を付けていってきて下さい!
知らない人から荷物は預かっちゃダメです。

ハリー サッソン

シーフード/地中海料理

ボゴタ

Harry Sasson

超高級レストラン。

さて、何がおいしいか。

タコのグリル

ボゴタ

うますぎる!

前菜とは思えないほどの大きさで、こんなに

パーフェクトに焼かれて

しまっているなんて信じられない!ってくらいやわらかくてジューシーでした!

ほんとにタコさん、海からここまでよくぞやってきてくれました!

感動です、本当に。。。

広告

いや、ちょっとその前に、エントランスからテーブルに通してもらってる時から

ここはおいしいレストランだ

って分かります。

現地の人たちで満席に近かったのですが(予約して行って下さいね)、そのレストランで飲食している人たちの

顔!

みーんな幸せそうで、ほんとに料理とお酒を楽しんでました!

ドレスアップしている人もカジュアル系の人も、誰も気取ってなくて「料理を楽しんでいる」って雰囲気。

だから、テーブルに通してもらってる時に

あ、ココは正解だったな

って思いましたよ。

おいしいレストランの特徴

食べている人たちが幸せそう

で、

シャンパン頼んで注いでもらったら、「あー、ココに住みたいー!」ってなりますよ、そりゃ。

そうすると、その悩殺の「タコグリル」が来て、

「あー、ありがとう、タコさん、生まれてきてゆみずたちのとこにきてくれてありがとう、本当にありがとう。」

となりました。

幸せすぎる。

( ベジタリアン のみなさん、ごめんなさい。)

もうメイン料理が運ばれてくる頃には感無量で。

ゆみずはステーキ、旦那さんはロブスター。

どれも、完璧に調理されていましたよ。

もう今夜は眠れない、くらい幸せでした。

めちゃくちゃオススメです!!

ハリー サッソン
広告

サン イシドロ

シーフード/フランス料理

ボゴタ

モンセラーテの丘

にあるオシャレなレストラン。

ケーブルカーで頂上まで行けます。

コロンビア人の、

♥️デートスポット♥️

ゆみずが行ったのはクリスマスシーズンでしたから、

ライトアップ

してあって楽しかったですよ。

広告

で、

Restaurante Casa San Isidro

っていうレストランが頂上付近にあって、

もぅぅ、最高!!!

おいしいなんてもんじゃなく、ほっぺた落ちるやつですっ!!

とっても混んでる…。絶対予約した方がいいです!

シャトーブリアンさま

ボゴタ

なんて注文しちゃって。

あなた、なんて、、、

やーらかいの??

こんなにおいしいの、何年も食べてないよ…。

いや、もしかしたら生まれて初めてこんなおいしいの食べた!くらいの!

旦那さんはシーフードてんこ盛りで!

ロブスターさま

ボゴタ

がこれまたパーフェクトな状態で運ばれてきちゃいました。

牛さん、海の幸さん、ゆみずたちのところまできてくれてありがとー!

出会えてほんとにほんとに嬉しいよ。

二人して感謝!!また会いたくて仕方ない。。。

サン イシドロ
広告

ラ グランデ

シーフード/ペルー料理

ボゴタ

ゆみずは、ペルー料理大好き!

なんてったって、

「セビーチェ」

が大好き!!♥️

コロンビアはペルーのお隣なわけだし、

だから、

セビーチェ を食べないわけがない!

そ、ココはセビーチェ専門店!くらいの本格的なとこです。

LA GRANDE Cantina – Cevichera

名前からして間違いない。

カジュアルでカフェ風バー。店内キレイ!!オシャレ!!

広告

で、

シュリンプ の セビチェ

ボゴタ
*写真暗くてスミマセン

はマストですよ。めちゃうま!期待にこたえてくれるやつです。

こんな、食べたこともない甘酸っぱくてまろやかでクリーミーなおしゃれピンクソースに、プリっプリの大きめシュリンプ様が….

いったい、何尾いるんだ?

8尾?いや、10尾は確実だ。

しかもお手頃な値段で!!

こんなおいしくて、てんこ盛りでイイのかい??

タコス

もあります。

ソフトタコス。

旦那さんが喜んじゃったやつです。

もぅ、ほんと、みんなみんな、 ゆみず たちの口の中に入ってきてくれてありがとう!

ほんとに住みたいヨ。。。

ってなります。

ラ グランデ
広告

ザ マーケット

世界各国料理

ボゴタ

ボゴタ の The Market

ここは、好きな食べ物が必ず見つかる朝食ビュッフェ。

ごはん🍚

だってありましたよ。

パン類

がね、ん、おいしすぎる!!

クロワッサン!食べなきゃ!

広告

しかも、ココ、すごく安全なとこにあるレストラン。

JW マリオット ホテル に入っています。

ボゴタ

そのホテルのエントランスでは、警備員が銃を持って犬と一緒に見張っていて安心でした。

マリオット ブランドは….

  • ラグジュアリー
  • プレミアム
  • セレクト
  • 長期滞在

というレベルに分かれています。

この JWマリオット ブランドは、「ラグジュアリー」に入っています。

コロンビアでは超高級なホテルの一つになりますので安心をお金で買う気持ちで快適に過ごせます。

JW マリオット ホテル
広告

おすすめレストランのまとめ

コロンビア 行くならぜひ

ボゴタ の おすすめ レストラン

  • Harry Sasson
  • San Isidro
  • LA GRANDE
  • The Market

を紹介しました。行ける人はうらやましいです、ほんと。

「そのレストランに行きたい」からその国へ行くゆみずの旅。
そんな国の代表はクロアチア
おいしいレストランが多すぎる!!