アフリカ キャンプ
Yumizu

ハワイ在住ゆみずです。

米国税理士 • 不動産取引士 • 公証などの仕事を適度にこなしながら、旅と動物をこよなく愛す生活。

「そのレストランに行きたい/そのホテルに泊まりたい」から行くゆみずの旅。

毎年何ヵ国か旅行に行くので、その体験から個人手配で気ままに行く旅行についてブログ書いています。

アメリカ在住者向けの情報も発信中。

次の旅行はどこにしようかと話している人は多いことでしょう。コロナ自粛があって、旅行に行きたくてウズウズしている人も多いのではないでしょうか。

  • ハワイ
  • 韓国
  • フランス
  • イタリア

などに行きたいですよね。

アメリカ人やヨーロッパ人のバケツリスト(死ぬまでに行きたいデスティネーション)には、

  • アフリカンサファリ
  • モルディブ
  • ギリシャ
  • マチュピチュ ペルー
ギリシャ バケツリスト

がよく挙がります。

広告

ゆみずは世界中いろいろ行きました。モルディブも最高だし、ギリシャも素敵だし、マチュピチュも絶景だし、どれもすばらしいと思いましたが、どれが一番かと聞かれたらアフリカンサファリです。

動物の生き様、弱肉強食、ファミリー愛、決闘….

感動で言葉も出なくなります。サファリ中、涙・涙・涙の毎日です。

もちろん、感動以外に楽しさ発見があります。自分が何かで悩んでいることが本当に小さくて吹き飛んじゃうくらいです。

アフリカ キャンプ選び方

「アフリカのサファリに行くのよ」という話をすると、「富士サファリパークではダメなの?サンディエゴ動物園ではダメなの?」と聞かれることがあります。ゆみずは動物園も好きです。ホノルル動物園はよく行きますよ。でもね….

動物園アフリカンサファリとの違いは、

  • 動物園:必ずその動物がそこにいる
  • 本物のサファリ:こちらから動物探しに出かける

ことであり、目的が「動物を見るだけ」なら動物園でもいいのですが、「野生動物を探す」のならアフリカンサファリの方がベターということになります。

日本ではまだ本物のサファリツアーに行くということが定着していませんので、なかなかピンとくる人はいないみたいですが動物好きの人なら絶対に一生に一度は行ってみてほしいです。

*動物に興味がない人はキャンプ滞在を楽しむのもアリです。こちら↓の記事も参考にして下さい。

アフリカンキャンプ ?
サファリって、キャンプ場に泊まるんでしょ。自分で組み立てられないよ。

だよね、分かるよ笑
ここでいうキャンプってのは、グランピングのことだよ。

グランピング …

グラマラスなキャンピングっていって、アウトドアを楽しみながらホテルに滞在するみたいに過ごせるの。

グランピングは基本的に先進国の人向けに設定されています。すなわち、サバンナに先進国の人が旅行に来て泊まっても快適に過ごせる施設が建てられています。そもそも建てるのにも維持するのにも非常にコストがかかっていますので宿泊代が高いわけです。なので、滞在している人たちも、アメリカ人・カナダ人・ヨーロッパ人がほとんどですが、みなさんリッチな人が多いです。

ゆみずが何回か アフリカンサファリツアー をして分かったアフリカ キャンプ 選びで大事なことは、

  • キャンプの食事
  • キャンプの環境
  • サファリのスケジュール
  • キャンプ場の設備•サービス

の4つです。

キャンプ会社によってそれぞれ特徴が違いますので、それらがどのようにサファリツアーに影響するのか知っておくといつかアフリカンサファリツアーに行くならとても便利です。

今回は、キャンプ場の選び方【4つのチェック項目】をご紹介していきますので、よかったら参考にしてみて下さいね。

広告

キャンプの食事

滞在の快適さを左右する

アフリカ キャンプ 食事

通常、キャンプでは、

フルボード

といって、全食事が付いていますので、

泊まっている間は基本的に外食はない

と思っておいた方がいいと思います。

普通の旅行とはずいぶん違います!

というか、

サファリや特定のツアー( マサイ村見学ツアー とか 熱気球ツアー )以外で、 キャンプ場外に出ることはないです。

どちらかというと、

人間が動物王国にお邪魔している形

ですので地理的にウロウロできません。危ないですからね。

外食できない環境に置かれる ということです。

そしていつもキャンプ場のダイニングで食事をします。( ルームサービスはコーヒーやお菓子のみ。ゆみずは散歩に出かけたすきにテントの中にサルに入り込まれそのお菓子とコーヒーに付いてきたシュガーでさえ取られたことがあります。)

で、

当たり前ですが、

キャンプ会社によって出てくる食事は違う

ので、滞在の快適さを左右する「 キャンプ選び 」は大事ということになります。

基本的に食事は、

  • ビュッフェ
  • コース料理

のどちらかです。

多国籍料理で毎日違うメニューが出てきます。

広告

コース料理だと、メニューに「 前菜 ・ メイン ・ デザート 」がありますのでそれぞれ一品ずつチョイスします。ステーキも魚もあるし、パスタやハンバーガーもあったり、カレーも食べられたりします。キャンプスタッフは先進国からのお客さんの対応に慣れていますので、たいてい知っている料理名ですし安心して食事できますよ。

ビュッフェだと、「食べすぎに注意」ってくらいおいしいキャンプもあります。

キャンプスタッフの手作り料理。
ありがたい。

ベジタリアン/アレルギーなら

前もって キャンプ に伝えておこう

よくある質問
 

食事付きの場合って、 チップ はどのくらいあげたらいい?
特に食事付宿泊の場合の ビュッフェ だと相場が難しい。

一回の食事で5ユーロくらいかな。
「一日で15ユーロくらいになるようにあげて下さい。」ってサファリコーディネーターさんに言われたよ。

*チップは現金を用意しておきましょう。

キャンプのスタッフは通常キャンプ場で「 住み込み 」で働いています。2, 3ヵ月間ごとにキャンプ場と自宅を往復する人もいますし、半年間キャンプ場にいる人もいます。 ゆみず も「 キャンプ場 」で働きたい!と思って サファリガイド になるための学校や講座を調べてみましたが、 まずムリ!!と思いました。スワヒリ語….。自分の能力のなさに幻滅します。トホホ。

それで、どのキャンプがおいしいの?

ここは 食事提供 がよかったよ、っていうキャンプ会社は、

でした。

ゆみずの経験だと、はっきり言って食事はキャンプの宿泊値段次第だと思います。 キャンプ代が高いとこはおいしかったし、比較的安いとこ(ココで紹介してないとこ)は普通でした。というか、調理がシンプルでした。決してまずくはないんですよ、凝ってないだけ。

この三つ↑だと安心して食事ができると思います。これらのブランドはたいてい一泊US$1,000以上しますが、3食+おやつの質がいいのでキャンプ滞在も楽しくなります。外食がない分、キャンプ代は食事代を含んでいるということですから、トータルでは全然悪くないはずです。

結論
 

ケチらずにキャンプ選びをすれば食事も◎

広告

キャンプの環境

ワイルドさの違い

アフリカ キャンプ

キャンプ場の立地行動制限

は、旅行の過ごし方に大きく関わります。

留意すべき点は三つ。

  • 電気柵の有無
  • サファリ公園までの距離
  • 移動式キャンプか固定式キャンプか

電気柵の有無

 

アフリカ キャンプ グランピング

キャンプ場の周囲に、中型サイズ以上の動物が入ってこれないようにするフェンスが付いているかどうかです。

【電気柵あると…】

サルくらいまでの大きさの動物しか入ってこれないから、比較的自由にキャンプ場内を歩ける。

【電気柵ないと…】

大きい動物も入ってきちゃうから、部屋でくつろぎながらゾウがテントの隣を歩いていたり、なんてことも!

サファリ公園までの距離

 

アフリカ サファリ

ジープに乗ったらサファリツアー開始。どんな動物に会えるのか楽しみです。

【公園まで近いと…】

キャンプ場からサファリジープに乗って3分でライオンに会えちゃったりもするから、たくさん動物が見られる。

【公園まで遠いと…】

動物がなかなかやってこないようなところにキャンプ場があるので比較的静かで安全

移動式?固定式?

 

アフリカ バケツシャワー
バケツシャワーのタンク

【移動式だと…】

リアルなテント生活が体験できる。バケツシャワーだと、「シャワーします」と言えば従業員がバケツを運んできてくれて外からお湯を流してくれる(笑)

【固定式だと…】

各テントにソーラーパネルが設置されていることが多く、わりと自由に電気が使える。水回りの使用に制限はないことが多い。

どんな組み合わせがいいかな…。

どんな環境のとこに滞在したいか、だね。

基本的には サファリ に行く人は動物を見ることが目的なので、 ワイルドが好きなら「 電気柵なし 」を選択するのがいいかもしれません。

だけどね、滞在中に キャンプのテントから一歩も出られない ような環境だと息苦しいって思う人もいるかもしれません。

サバンナの真ん中なのでちょっと一人でショッピング、なんてこともできません。電気柵があるところで気楽に キャンプ場 の バー や ロビー に行けるような環境の方がいいっていう場合もありますね。

何を優先するか、が大事。

どんな環境なのかキャンプに直接問い合わせてもいいし、 サファリ コーディネーター を通すなら希望を伝えよう。

結論
 

ワイルドがいいのかフェンスがある方がいいのかの選択

広告

サファリのスケジュール

何時間サファリに出るか

アフリカ サファリ スケジュール

サファリのスケジュールがバッチリ決まっているキャンプ場もあるし、選べる場合もあります。

\ サファリ のスケジュール例 /

↓↓↓

  • 早朝&夕方 の二回プラン
  • 朝~夕方 の丸一日プラン

どっちのがいいのかな?

これは、体力次第なところもあります。

サファリでまず驚くのが、ジープがすっごく揺れることです。ジープ自体がジャンプするような山道や岩場を通り抜け、道があってないようなところを走って動物探しに出かけるのがサファリですから、ジープにしっかりつかまっておく必要があります。あと、沼になっているところにジープがはまり込んでしまって動けなくなって救助車を呼ぶこともあります。それくらい不安定な乗り心地でサファリを何時間もするとわりと疲れます。

それに、「腰が痛い人や骨がもろい人は辛いだろうな」って思います。

だから、サファリのスケジュールは体力に影響を及ぼしますので、そのキャンプ会社が一回のサファリで何時間ほど外に連れ出してくれるのかは大事な話になります。

あと、サファリジープ が、

  • 自分たち家族のみの専用車
  • 他の人たちとの混乗
アフリカ ジープ 専用車
Kogatende Airstripにて

なのか、によることも。

もし専用車なら、「明日のサファリスケジュールは丸一日プランにしよう」などドライバーと相談のうえ決めることが可能な場合があります。

体調や、見たい動物に合わせて調整できる専用車がやっぱりオススメ。

広告

でも、専用車でもスケジュールが変更できないキャンプ会社があります。持病があったりトイレ問題がある、などでこのスケジュールを最重要視する人は事前にキャンプ場に問い合わせてから予約した方がいいかもしれません。

結論
 

体力が心配な人は事前にスケジュール確認をしよう

アフリカ キャンプ場の設備 • サービス

サファリ以外にどうやって過ごすか

アフリカ キャンプ サファリ以外 アクティビティ
サファリスパ

サファリ以外に何をして過ごすものなの?

前述のように、滞在中は基本的にキャンプ場外に出ることはないので、

サファリ以外の アメニティ- • アクティビティ

も、快適さを左右します。

好みによって、下記のような設備 • サービスがあるところをチョイスしましょう。

  • プール
  • フィットネスセンター
  • スパ • マッサージ
  • ランドリー (無料のところも多い)
  • バー
  • ショップ
  • 双眼鏡 • カメラ貸し出し
  • Wi-Fi
  • 熱気球ツアー
  • 現地の学校見学ツアー
  • 小さなお子様連れOK
プール 補足説明
 

丸一日プランのサファリツアーに出ていない限り、キャンプで過ごす真昼間は暑いこともしばしば。プールで楽しく遊べると◎。

スパ・マッサージ 補足説明
 

サファリツアーは体力を消耗するので、アフリカンマッサージをしてもらうと最高に気持ちいい。クレジットカードもたいてい使えるからそれでお支払いできます。チップは現金の方が喜ばれます。

ランドリー 補足説明
 

ランドリーはサファリに出る前にお願いすれば夕方には仕上がってます。ゆみずが、とあるキャンプに9泊した時は、サファリ服は三セットしか持っていかず毎日お洗濯してもらいました。ほんとに助かりましたよ。

バー 補足説明
 

「フルボード」という全食事付のプランで滞在する時、キャンプによってはジュースもアルコールも飲み放題っていうことがありますので酒飲みさんは要チェック事項。バーで他の国からきているお客さんとお友達になれたりしてわりと楽しく過ごせます。

広告
Wi-Fi 補足説明
 

キャンプ共有エリア(ロビーやバー、ダイニングエリア)でのみ繋がるキャンプと、テントのお部屋でもインターネットが使えるキャンプがあります。いずれにしても電波は弱いイメージがありますので、大きなファイルを送ったりするのは非常に時間がかかるかもしれないです。

ショップ 補足説明
 

スキンケア・日焼け止め、日用品も買えたり(めっちゃ高いですけど)、サファリジャケットなどの服やアクセサリーもあり、お土産も買えます。

まとめ

アフリカ キャンプは正直値段だと思う

  • キャンプの食事
  • キャンプの環境
  • サファリのスケジュール
  • キャンプの設備•サービス

をチェックすればいいことが分かったと思います。

全ての希望に合致するキャンプ場は少ないと思いますので、どれを優先するのか順位を付けた方がいいかもしれません。

アフリカ キャンプ滞在について、できれば知っておきたい内容のご案内でした。
ゆみずは旅行会社の人ではないから自分の経験でしかないですが、もし質問があればこちらからどうぞ。

ゆみずにとって、 サファリ は断トツ一位の旅行!夢はナショナル ジオグラフィックのサファリ。